プライバシーポリシー
女性無料健康相談
問診表をご利用ください
漢方処方例
卵子の老化 New
受精障害
AMH 抗ミューラーホルモン
生理痛
卵子や受精卵改善
子宮内膜の改善
産後の体の
  変化とトラブル
産後の体の変化
産後のトラブル@
産後のトラブルA
不妊症かな?
不妊症とは
高プロラクチン
受精卵の着床率
多嚢胞性卵巣症候群
卵巣機能障害
黄体機能不全
排卵障害
不妊検査
機能性不妊
無排卵月経
ちょっと心配
不正出血
生理痛の緩和方法
生理痛と生理不順
おりもの異常
子宮内膜症
子宮筋腫
貧血
冷え性
性病、性感染症
子宮腺筋症
メタボリック
エストロゲン
基礎知識
女性の身体
生理のしくみ
妊娠
基礎体温
肩こり
便秘
マメ知識
産婦人科
ダイエット
骨粗しょう症
にきび
しみ、そばかす
コラーゲン
むくみ

生理と生理周期
生理の始まった日を1日とし、次の生理の始まる生理前日までの日数を数えます。生理周期が25日〜38日までのサイクルで繰り返されるのが正常な生理周期です。サイクルが39日以上と長いものを希発月経といい、反対に24日以下の短いものを頻発月経といいます。その多くは、卵巣の働きが不十分だったり、ホルモンの分泌障害があったりして起こりますが、ストレスが原因になることもあります。

生理前と月経
排卵と月経のメカニズムを説明しましょう。脳から指令を受けた脳下垂体から、卵胞刺激ホルモンが分泌され、卵巣の中の卵胞が成熟し、卵胞ホルモンが分泌されると子宮内膜は増殖し厚くなります。卵胞から卵子が飛び出す(排卵)と排卵後の卵胞から黄体ホルモンが分泌され、子宮内膜はさらに厚く柔らかくなり、卵子がつきやすいようになります。卵子が受精せず、妊娠が成立しなかった場合、子宮内膜は子宮壁から剥がれ、出血と共に排出されます。これが月経です。

これらのホルモンが正常に分泌されているかの目安の一つには、基礎体温があります。毎日の基礎体温をグラフにすると、体温が低い時期(低温相)と高い時期(高温相)の2相に分かれます。この低温相から高温相に移るところで排卵があります。排卵が正常に行われていない場合は、高温相がなく、低温相が長く続くことになります。
基礎体温とは
基礎体温とは、朝目がさめた時に、安静にして測定した体温のことです。婦人体温計(目盛りが普通のものより細かい)を舌の下にはさんで測ります。月経前に高温だった体温は、卵胞ホルモンの働きにより、月経開始と同時に徐々に低温となり、これが約2週間(月経周期が28日の場合)続きます。そして、排卵が起こると黄体ホルモンの働きで体温が高くなり、妊娠しない場合は約2週間で再び体温が下がり始め、次の月経が始まります。排卵の時期は体温が低温から高温に移行する時です。

簡単な排卵日の割り出し方
生理を30日周期とすると、生理が始まった日を1日目と数えます。それから、卵胞ホルモンが出て、基礎体温では低温期になり、15日目に排卵が起きます。そのときが透明なおりものつまり頚管粘液がでます。それから生理までが黄体ホルモンが出て、高温期になります。生理が遅れる時はこの低温期が長くなります。排卵日は生理が始まる前日から逆算して15日目です。生理が遅れると排卵も遅れます。

安全日とは
安全日とは一般に高温相に入ってから4日目以降、生理前までをいい、危険日とは排卵前後をいいます。しかし、いくら月経周期が一定な人でも排卵が狂う事はよくある事ですから、絶対ということではありません。

月経をずらすには
月経をずらしたい場合、なるべく早く産婦人科に相談してください。月経を遅らせる方法は、予定月経の5日位前からホルモン剤を月経になってもかまわない日まで飲み続けます。この方法で10〜14日は人工的に月経を遅らせることができ、ホルモン剤を飲み終えると2〜3日後に月経が始まります。たまに使用する程度なら重大な副作用を気にするほどのことではありません。しかし、人によってはつわりのような症状が数日つづくことがあります。こうした症状が心配な時は、吐き気止めなどいっしょに処方してもらいましょう。

おりものとは
おりものとは、子宮頸管粘液と膣の分泌物が混じり合った弱酸性の流出物です。
おりものの量や色、粘稠度(粘りけ)などは卵巣から分泌される性ホルモンの影響を受けており、かなりの個人差があるものです。おりものの量は、月経直後から排卵期にかけて卵胞ホルモン(エストロゲン)の影響を受けて徐々に増加し、エストロゲン分泌量が最高潮になる排卵期に入ると量も最高となります。排卵が終わり、卵胞ホルモンにかわって黄体ホルモン(プロゲステロン)の支配下になると、おりものの量は減ります。 こうした分泌量の変化に伴い、おりものの性状も日々変化します。分泌量が少ないときは、乳白色で粘りけがありますが、分泌量が増えると透明で伸びの良い粘液になります。

正常なおりもの
頸管粘液は無色透明ですが、ここに膣からの分泌物が混じると乳白色、クリーム色になることもあり、下着について乾燥した時には黄色になるのが普通です。 妊娠中には特にこの傾向が強まります。弱酸性のおりものが発する匂いは無臭ではなく、生ぐさく、ややすっぱい匂いがします。 問題となるのは量ですが、量そのものに個人差があるうえに、多い、少ないという感じ方も人さまざまです。 多い人で分泌量がピークになった時は、下着がぬれるほどでも異常ではありません。立ち上がったときや、排便時に腹圧がかかると、おりものが流れるような感じがすることがありますが、これも心配はありません。普段より量が増える、色が違う、悪臭があるなど、いつもと明らかに様子が違う時は、病的なおりものです。

膣の自浄作用とは
膣は外に向かって開かれているので、常に外部の細菌におかされやすい環境にあるのですが、膣の粘液はかなり高い酸性に保たれていて、ほとんどの雑菌や病原菌は簡単に殺してしまいます。このことを膣の自浄作用といいます。外陰部を清潔に心掛けることはとても良い事ですが、膣内は洗わないでください。膣内を洗うことにより、自浄作用が働かなくなります。そうすると、雑菌や病原菌におかされやすくなり、膣炎などを起こす原因になりかねません。
痛みや出血等、明らかな症状があっても、なかなか医療機関を受診しない人がいます。特に10代の女性は産婦人科に行くことに対する羞恥心が強いほか、月経や性に関する悩み事を恥ずかしく思いがちです。

また、高齢の女性では、医療機関に行くと、痛いことをされるのではないか、悪い病気だったらどうしよう・・・などといった心配もあることでしょう。そのため出血などで下着を汚しても家族に隠す人が少なくありません。その結果、重大な病気の発見が遅れて手遅れになることもしばしばあります。

女性特有の症状も、女性同士なら話していただけるのではないかと思います。些細な事でも、気になることがありましたら、まずはメール又はお電話にて、ご相談ください。

  メールアドレス kyoko@kyofuku.co.jp    健康相談電話  052-861-5518


Copyright(c)2005 KYOFUKU,Inc. All Rights Reserved.